研究内容

原子力先端材料科学

スピン-エネルギー科学研究グループ

我々のグループでは、理論・実験が連携し、「スピントロニクス」「マグノニクス」「磁気回転効果」「強相関効果」「トポロジカル物性」など、「スピン」を起点とした固体物性の研究を幅広く行っています。


グループリーダー:
齋藤 英治

表面界面科学研究グループ

我々のグループでは、物質の表面界面で発現する新たな機能の開拓を目指して研究を行っています。先端量子ビームも活用し、新規2次元物質・表面の創製、水素ダイナミクスの解明やその応用研究に取り組んでいます。


グループリーダー:
福谷 克之

耐環境性機能材料科学研究グループ

耐環境性機能材料科学研究グループでは、耐照射性・耐熱・耐腐食などの高い耐環境性を有しながら、かつ、磁性・光学特性・力学特性・電気化学特性などの高い機能性を有する材料の創製に向けた基礎・応用研究を遂行していきます。


グループリーダー:
市坪 哲

日本原子力研究開発機構

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.