研究成果

センター長賞

2012センター長賞受賞者(五十音順)

1年間のセンターの研究者(学生含む)のうち、もっとも優れた成果を上げた者として、
下記の方々が選ばれました。

家田淳一(量子物性理論研究グループ)
Study on power spintronics
小野正雄(力学的物質・スピン制御研究グループ)
The first detection of the nuclear Barnett effect based on his excellent rotation technique
中堂博之(力学的物質・スピン制御研究グループ)
The first detection of the nuclear Barnett effect based on his excellent NMR technique
佐藤哲也(超重元素研究グループ)
The first ionization of Lr(Z = 103) with newly developed ion source
坂本文徳(バイオアクチノイド研究グループ)
The development of the biological decontamination method for Fukushima forest area.
前川雅樹(スピン偏極用電子ビーム研究グループ)
The development of the spin-polarized positron beam

2011センター長賞受賞者(五十音順)

伊藤 孝(重元素系固体物理研究グループ)
Elucidation of the multipole state in the rare-earth compounds by using Muon Spin Relaxation technique
酒井宏典(重元素系固体物理研究グループ)
The understanding of field-induced quantum critical behavior in the heavy-fermion superconductor CeCoIn5
松尾 衛(量子物性理論研究グループ)
New theory of spin current generation by mechanical rotation
松田達磨(アクチノイド物質開発研究グループ)
The study of physical properties in URu2Si2 through the Residual Resistivity Ratio

2010センター長賞受賞者(五十音順)

安立裕人(量子物性理論)
「スピンゼーベック効果の理論構築」
Appl. Phys. Lett. 97, 252506 (2011) 注目論文
Vir. J. Nan. Sci. & Tech. Vol. 23, Issue 1 (2011)
立岩尚之(アクチノイド物質開発)
「高圧下におけるアクチノイド物質開発」
姜明玉(バイオアクチノイド化学)
「Biomineralization process of REEs by microorganism」
田中万也(バイオアクチノイド化学)
「生物性Mn酸化物による重元素の吸着及び酸化過程の解明」
2010年度地球化学会年会 招待講演
深谷有喜(スピン偏極陽電子ビーム)
「反射高速陽電子回折による最表面構造に関する研究」
日本物理学会 若手奨励賞
Bo Gu(量子物性理論)
「スピンホール効果の理論的研究」
PRL 105, 216401 (2010) ---NPG Asia Materials research highlight
PRL 105, 086401 (2010)
山下真一(放射場生体分子科学)
「液体試料の放射線分解生成物の放射線トラック構造依存性に関する研究」
日本放射線化学会奨励賞

日本原子力研究開発機構

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.