メンバーMEMBER

新着情報

グループリーダー / 田村 裕和(Hirokazu TAMURA)

2018年度から当グループの客員リーダーとなりました。本務は東北大学理学研究科です。 専門は実験核物理で、ストレンジネスを含む原子核やハドロンの研究を通して、クォークからハドロン、ハドロンから原子核が作られる仕組みをすっきりと理解できるようになるのではないかと期待しています。 特に、ガンマ線分光などによってハイパー核の構造を詳しく調べ、そこからハイペロン・核子間の相互作用や、核内でのバリオンの性質変化を明らかにすることに取り組んでいます。 また、こうした研究を中性子星内部の物質の理解にもつなげたいと考えています。 実験は、もっぱらJ-PARCハドロン施設で行っています。 当グループでは、たくさんの学生や若手を含む研究者が互いに刺激を与えながら夢中で最先端研究を進めており、さらなる発展を期待しているところです。

E-mail: tamura[atmark]lambda.phys.tohoku.ac.jp

tamura

マネージャー / 研究主幹 / 佐甲 博之(Hiroyuki SAKO)

2003年まで、AGS,RHIC,CERN-SPSにおける重イオン衝突実験によりQCD相転移の物理を研究してきました。 2004年からはJAEAに移りJ-PARCリニアックにおけるビーム物理を研究に従事し、 加速器の建設に携わってきましたが、2010年から、 先端研ハドロン物理研究グループの立ち上げとともにメンバーとなりJ-PARCにおけるメソンビームを用いたハドロン実験を行っています。 特にTPCを用いたHダイバリオン探索、バリオン共鳴のスペクトロスコピー等様々な実験に興味を持っています。 また将来的にJ-PARCにおける重イオン加速計画を検討しており、重イオン衝突により中性子星の密度に達する高密度状態を創り出し高密度におけるQCD相構造を明らかにすることが夢です。

E-mail:sako[atmark]post.j-parc.jp

sako

研究主幹 / 丸山 敏毅(Toshiki MARUYAMA)

もともとはシミュレーションによる重イオン反応機構の研究をしていました。 特に、分子動力学の低エネルギー領域への適用や、統計崩壊計算との接続、クォークの分子動力学の開発などです。 2000年頃から原子核物質の相転移に伴う非一様構造や、高密度天体の研究をしています。
E-mail:maruyama.toshiki[atmark]jaea.go.jp

maruyama

研究主幹 / 長谷川 勝一(Shoichi HASEGAWA)

学生の頃は主にガンマ線を用いた核子共鳴領域の実験を行い、光子−核子のヘリシティ依存断面積測定実験で学位を取得しました。  その後LEPSに参加しつつ、J-PARC物質・生命科学実験施設の建設に携わり、少々のブランクを経て現在のグループに所属しています。  現在は、検出器開発を基にハイパー核物理研究、スピン核子構造研究に係りながら、新たなニュートリノ実験実現に向けたR&Dを行っています。

E-mail:shoichi.hasegawa[atmark]j-parc.jp

hasegawa

研究副主幹 / 佐藤 進(Susumu SATO)

原子核を加速器を用いて衝突させることで生成される、多様なハドロン物質の形態を研究しています。
原子核密度を超える高バリオン密度状態、初期宇宙に存在したであろう高温状態、 あるいは、多数のストレンジネス核を含む未知の状態、などを系統的に理解できる、 ハドロン物質の相図を描くことが大きな目標です。合わせて、ハドロンを支配する 量子色力学が作りだすダイナミックな質量機構についても理解を深めたいと考えています。
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構の東海サイトに建設した、大強度陽子加速器施設(J-PARC)を用いて、 ストレンジネス量子数を持つ中間子や重粒子が寄与する"奇妙なハドロン状態"の探索をおこなったり、 米国立研究所に建設された相対論的重イオン加速器(RHIC)を用いて、重心系で数十GeV~数百GeVで 加速された原子核衝突で生成される"クオークとグルーオンのプラズマ状態"における粒子生成の特徴 について実験的に調べながら、理論的な基礎的理解をもすすめています。
また将来計画として、J-PARCにおいても高密度視点で核物質を探索するために、原子核加速を試みることについても、長年興味を持っています。

E-mail:susumu.sato[atmark]j-parc.jp

ssato

研究副主幹 / 谷田 聖(Kiyoshi TANIDA)

2015年3月までソウル大学にいましたが、双子が生まれたのを機に 日本に帰ってきました。 ハドロン・原子核の物理に幅広く興味を 持っています。最近は主にバリオン分光をJ-PARCやBelle (II) で手がけていますが、他にも沢山の実験に参加しています。 やってみたいことはさらに沢山あるのですが、手を広げすぎて 首が回らなくなってきているので、最近は自重しています。 面白いけどまだ手つかずになっているテーマがいっぱいあるので、 興味をお持ちの方は声をかけてください。

E-mail:tanida[atmark]post.j-parc.jp

tanida

クロスアポイントメント職員 / 成木 恵(Megumi NARUKI

H29年度10月よりクロスアポイントメント職員となりました。 本務先は京都大学です。 ハドロン反応を用いたハドロン構造のためのハドロン物理実験が専門です。 特に、ハドロン質量の生成機構や、ハドロン分光を手がけています。 世界最高強度のJ-PARCハドロン施設を舞台に、研究者、学生のみなさんと たくさんの成果を出していきたいと思っています。

E-mail:m.naruki[atmark]scphys.kyoto-u.ac.jp

Naruki

研究員 / 市川 裕大 (Yudai ICHIKAWA)

K中間子原子核の実験的研究を行っています。 K中間子原子核とは原子核と反K中間子が強い相互作用により強く 結びつくことによって形成される全く新しい原子核です。 通常の原子核の場合は陽子と中性子のみで構成されるのに対し、 K中間子原子核の場合は反K中間子という中間子が構成要素に加わるため、 通常の原子核とは全く異なる特性が現れます。 例えば、K中間子と原子核の相互作用が強い引力のため、 通常の原子核の密度の数倍の高密度状態が形成される可能性があります。 私達実験グループはJ-PARCにおける研究(J-PARC E27実験)で、 最も単純なK中間子原子核K-ppと考えられる構造を検出しました。 今後の研究により、この構造のより詳細な調査を進めていく予定です。

E-mail:yudai[atmark]post.j-parc.jp

ichikawa

博士研究員 / 関原隆泰 (Takayasu SEKIHARA)

2016年4月に着任しました。専門はハドロン物理学理論で、特にエキゾ チックハドロンと呼ばれる、通常の3クォーク (qqq) 配位やクォーク-反 クォーク対 (q qbar) 配位ではない特殊なハドロンを追いかけています。 これらのエキゾチックハドロンはJ-PARCを始めとする国内外の実験施設が 発見できるはずで、そのために何をすれば良いかを日々考えています。 現在は、ハドロン自身が構成要素となって「分子」を作る、ハドロン分子 状態の研究に力を入れています。また、ハドロン分子状態の研究を通じて、 量子力学における共鳴状態波動関数や複素エネルギーの関数としての散乱 振幅の構造・性質などに迫っています。

博士研究員 / 吉田純也 (Junya YOSHIDA)

 ストレンジクォークを2つ含む原子核、ダブルストレンジネス核の研究をしています。ダブルストレンジネス核は検出が技術的に困難で、これまでの検出例自体がわずか10例程度しかない稀有な原子核です。しかしそのいっぽうで、原子核の存在限界、ひいてはクォークがどのようにバリオンや原子核といった構造を形成するのかを理解する上で重要な研究対象です。我々は、ダブルストレンジネス核を従来の10倍以上の統計量で検出する実験「J-PARC E07」を推進しています。
 ダブルストレンジネス核の探索と解析には原子核乾板(通称:エマルション)と呼ばれる特殊な写真乾板で挑みます。乾板に記録されたミクロンスケールの荷電粒子飛跡を光学顕微鏡で読み取り画像解析をします。筆者はこれまで宇宙線ミューオンを使った火山内部の透視実験、ニュートリノ振動実験OPERAといったエマルション実験に携わって来ました。この技術を駆使し、新種のダブルストレンジネス核の検出を狙っています。

E-mail:jyoshida[atmark]post.j-parc.jp

jyoshida

卓越研究員 / 橋本直 (Tadashi HASHIMOTO)

 2017年4月に理化学研究所から異動してきました。 J-PARCハドロンホールのK1.8BRビームラインを主戦場にして反K中間子と核子、原子核との間の相互作用の研究をしています。 学生の頃はK中間子原子核の直接探索実験を主に行い学位を取得しましたが、現在はK中間子原子という電子をK中間子で置き換えた奇妙な原子のX線分光を精密に行うというアプローチを中心に研究を進めています。 特に超伝導遷移端型マイクロカロリメータ(TES)という半導体検出器よりも分解能が2桁ほど良い極低温X線検出器を導入することで分光精度を飛躍的に向上させることを目指しています。
E-mail:tadashi.hashimoto[atmark]riken.jp

hashimoto

特別研究生 / 江川 弘行 (Hiroyuki EKAWA)

私は京都大学の学生ですが、J-PARC E07実験に携わっており 東海でKURAMAスペクトロメータの立ち上げのための準備を行っています。 E07実験はエマルションを用いたダブルハイパー核の探索実験で、この実験で新しい核種を見つけることはS=-2の物理に対しての重要なデータとなります。 学部生時代には空手部に所属していて、今でも暇を見つけて細々やってます。 あとHeavy Metalを聞くのが趣味なので、おすすめのバンド等ありましたら教えてくれたら嬉しいです。
HP:個人ホームページ
E-mail:ekawa[atmark]scphys.kyoto-u.ac.jp

ekawa

特別研究生 / 早川 修平 (Shuhei HAYAKAWA)

J-PARC ハドロン原子核実験施設においてハイパー核の実験的研究を行っており、 ストレンジネスを2つ含むダブルハイパー核の研究(J-PARC E07実験)に 参加しています。この実験では反K中間子ビームをダイアモンド標的に照射し、 反応によって生成したグザイ粒子を原子核中に吸収させ、そこから連続して 起こる弱崩壊を原子核乾板を用いて測定します。 これにより、未だ情報の少ないラムダ粒子やグザイ粒子の相互作用の情報を得る ことができると期待されます。 現在、散乱粒子スペクトロメータの建設に向けて日々研究を進めています。

E-mail:shuhei[atmark]km.phys.sci.osaka-u.ac.jp

hayakawa

学生実習生 / 足利沙希子 (Sakiko ASHIKAGA)

本年度(平成29年度)より京都から東海村に引っ越してきました。 J-PARCハドロン原子核実験施設において、原子核中でのφ中間子の質量を測定しカイラル対称性の破れの効果を調べる実験(J-PARC E16)のための準備を行なっています。 J-PARC E16実験では、φ中間子の電子対への崩壊を利用した測定を計画しており、現在は電子識別に用いる鉛ガラスカロリメータの研究・開発を行なっています。

E-mail:ashikaga[atmark]nh.scphys.kyoto-u.ac.jp

ashikaga

特別研究生 / 岩崎 幸生 (Sachio IWASAKI)

強磁場中におけるチャーモニウムの質量スペクトルをクォークモデルを使って計算しました。 修論では静磁場を考えていましたが、次は磁場を時間依存させて解こうかなと。 最終的には重イオン衝突に即した計算ができればなと漠然と考えていますが、博士の間にやるテーマを現在模索中です。 趣味はルービックキューブとかの立体回転パズルです。手を使わずに足で解くとかエキセントリックなことをします。

E-mail:iwasaki.s.aa[atmark]m.titech.ac.jp

特別研究生 / 江添 貴之 (Takashi EZOE)

私は、Skyrmionと呼ばれるトポロジカルソリトンを用いてΛ(1405)の構造を研究しています。通常、バリオンは3クォークの状態で記述できますが、Λ(1405)はこの規則に当てはまらないエキゾチックなバリオンの候補の一つとして知られています。私は、ソリトンという特殊なものを用いてΛ(1405)の構造を考えることで、ソリトンが物理現象の中でどのような役割を持つのかを解明したいと考えています。

E-mail:ezoe[atmark]rcnp.osaka-u.ac.jp

特別研究生 / 七村 拓野 (Takuya NANAMURA)

私は、J-PARC ハドロン実験施設 K1.8ビームラインにおけるΞハイパー核分光実験(E05→E70)に携わっています。 この実験によりΞハイパー核の構造を明らかにすることで、Ξ粒子と核子の相互作用に関する貴重な情報が得られることが期待されています。 これまでの主な仕事としては新しく開発した磁気スペクトロメータ、S-2S (Strangeness -2 Spectrometer)の磁場測定と性能の評価を行ってきました。 最近は多数のシンチレーティングファイバーで構成される標的を開発中です。これによりグザイハイパー核の生成数を稼ぐとともに、標的中でのエネルギー損失をイベントごとに補正して分解能を高く保つことができます。 せっかく現場(J-PARC)の近くにいることになるので、E70実験の準備の他にも現在行われている実験に積極的に参加していけたらと考えています。

E-mail:nanamura[atmark]scphys.kyoto-u.ac.jp

特別研究生 / 鈴木 一輝 (Kazuki SUZUKI)

私は、カイラル対称性の破れを探ることを目的とした、J-PARC E16実験に携わっています。この実験はJ-PARCのハドロン原子核実験施設にて行われる予定となっており、その準備を日々行なっています。特に、J-PARCの高強度陽子ビームにより生み出される、多数の粒子情報を適切に扱うためのデータ収集システムの開発をしています。現在、東海に来たばかりで娯楽を探しています。何か楽しそうな場所、面白そうな趣味、美味しそうな定食屋などがありましたらぜひ教えてください。よろしくお願いします。

E-mail:suzuki.kazuki.83v[atmark]st.kyoto-u.ac.jp

特別研究生 / 日野 陽太 (Yota HINO)

H28年度より東北大ニュートリノ科学研究センターからきました、日野です。 J-PARCでニュートリノといえばT2Kみたいなところがあると思いますが、自分の取り組んでいるJSNS2実験では、 MLFの水銀標的で作られる反ミューニュートリノの短距離での振動を測定しようとしています。 このような振動は、現在知られている3世代のニュートリノ間の振動では説明できない事象で、 弱い相互作用をしないニュートリノ(= ステライルニュートリノ)の存在を示唆するものになります。 この実験の中で自分は、なんでもやってます。 原子炉ニュートリノ実験に片足突っ込んでたりもします。 趣味(もはや趣味になってしまいましたが)は、器械体操です。新体操ではないです。 もっと砕けた紹介文は東北大学にあると思われます。

E-mail:hino[atmark]awa.tohoku.ac.jp

hino

2017年度以前に在籍していたメンバー

岡 真(グループリーダー)→ 日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター長 へ

杉村 仁志(博士研究員)→ 高エネルギー加速器研究機構 加速器研究施設 へ

金原 慎二(特別研究生)→ 岐阜大学大学院 工学研究科 へ

中田祥之(特別研究生)→ 大阪大学大学院 理学研究科 へ

細見健二(博士研究員)→ 日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所 へ


非常勤/嘱託

今井憲一(客員研究員)

永宮正治(客員研究員)

肥山詠美子(客員研究員)

保坂淳(客員研究員)

初田哲男(研究嘱託)

成木恵(研究嘱託)

丸山智幸(研究嘱託)

巽敏隆(研究嘱託)

小沢恭一郎(研究嘱託)