研究成果

受賞・表彰等

2012 IUPAP Magnetism Award 受賞
前川 禎通 センター長 Prof. Maekawa, the director of ASRC

先端基礎研究センターの前川禎通センター長が、「2012 IUPAP Magnetism Award and Néel Medal」を受賞しました。 (東京大学の十倉好紀教授(兼理化学研究所グループディレクター)と連名、IUPAP:国際純粋・応用物理学連合)

7月9日(月)、韓国・釜山にて開かれた"The 19th International Conference on Magnetism (ICM 2012)" (7月8日~13日)において授与式が行われ、近代磁気物理学の創始者のひとりであるLouis Néel博士を記念した ネールメダルと賞状が贈呈されました。この賞は、磁気物理学の分野で顕著な貢献をした科学者に対して 3年に一度贈られるもので、この分野では国際的に最も権威ある賞です。前川氏の受賞は 『磁気伝導現象に関する先導的研究とスピントロ二クスの基礎理論の構築』に関する研究が評価されたものです。

Prof. Maekawa, the director of ASRC, won the 2012 IUPAP Magnetism Award and Néel Medal with Prof. Tokura of RIKEN. This award and medal are presented by the International Union of Pure and Applied Physics, Magnetism Commission(C9). This award is one of the most authoritative one in this research presented field every three years. Néel Medal was established to commemorate a deed of Dr. Louis Néel who has created the modern magnetic physics. Prof. Maekawa's leading research on spin transportation and contribution to the basic theory on spintronics have been highly appreciateted. The award and medal were presented on 9th, July at Busan, Korea during the International Conference on Magnetism (ICM).


授与式の様子


ネールメダル及び賞状

日本原子力研究開発機構

Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency. All Right Reserved.